ブルーベリーを使った飲みやすいコールドプレスジュース

パソコンなどを使ったデスクワークを長時間行っている方は多いですが、このような仕事を行っているとどうしても眼精疲労がたまりやすくなります。

 

特に一日の疲れは体に残りやすいので様々な方法で疲労回復を行っているという方は多いですが、眼精疲労に効果的な食材として有名なのがブルーベリーです。

 

ただ必要な量のブルーベリーをそのまま食べるのは面倒だという方も多く、より高い栄養素を摂取する方法として人気になっているのがコールドプレスジュースです。

 

このコールドプレスジュースは一般的なミキサーで作る野菜ジュースとは違って

 

低速撹拌を行うスロージューサーを使って作るので
摩擦熱による野菜や果物の栄養素の酸化を防いで

 

材料本来の甘さや栄養素をしっかり体に取り込むことが出来るのです。

 

ブルーベリーを使ったコールドプレスジュースを作る場合には
瞳に良いとされているβカロテンをたっぷり含むパパイヤや

 

視力回復にいいとされるルテインを含むほうれん草も一緒に入れることによって
眼精疲労を効果的に改善させることが出来ますし

 

味も飲みやすいので朝作っておいて専用ボトルに入れて外出先で飲むという方も増えてきています。

 

変色する恐れがありますので、冷蔵庫に入れて保存し出来るだけ早めに飲むことも大切です。