バカラ創業250周年に先駆けて、その前年の2013年に、日本限定で販売されたグラスが「グラスジャパン」シリーズです。バカラの美しさはそのままに、和食のテーブルにもマッチする、流れるようなフォルムが美しいグラスです。

日本酒はもちろんのこと、ビールでも、お茶でも、またフレッシュジュースなどでも、何を注いでも合う、マルチに使えるところも人気の理由です。

その後も「グラスジャパン」シリーズは、日本限定商品として、いくつかの種類が発売されていますので、ご紹介します。
『5種からなるアソートセット』・・「エトナ」「ローラ」「ベガ」「ベルーガ」「ビバ」という5種のデザインのセットで、創業250周年の年に販売されました。その後、京都高山寺の国宝をモチーフとした5客アソートの「鳥獣戯画」という珍しい作品も作られました。

『グローリア』・・2016年発売、栄光を意味するグローリアは、勝利の女神の翼をモチーフにしたデザインとなっています。

『ルチア』・・2017年に発売されたデザインで、ラテン語の光を意味するルチアは、フランスのバカラ村にある教会のステンドグラスから射してくる光を表現した作品です。

このように、それぞれのデザインにはモチーフに込められた素敵なメッセージが含まれていて、毎年のように新作デザインがリリースされていく「グラスジャパン」に、今後も期待が高まります。