バカラはフランスのクリスタルのラグジュアリーブランドで、クリスタルガラス製品を製造しており世界的に有名なメーカーです。
バカラの歴史は1764年まで遡り、250年以上に渡って完璧さを追求し、その類まれな才能と情熱によって物質を憧れの対象に変容させてきたのです。そして長い間バカラグラスは人々から愛され続けているのです。

そんなバカラグラスの中のタンブラーグラスについて紹介します。タンブラーグラスとは一般的に連想するコップ型のグラスです。
ロックグラスとも似ているのですが、その違いはタンブラーグラスの方が背が高く、口径に対して高さがあるものが多く、ハイボールグラスとも呼ばれる所以になっています。

ビールやカクテル、ソフトドリンクを飲むのに適しています。
バカラグラスの代名詞とも言えるアルクールシリーズもタンブラーグラスの一種で、1825年にアルクール侯爵家のために作られた事から始まり、今なお人々に愛され続け人気を博している不朽の名作です。

その他にもアルルカンシリーズやアルファシリーズなど様々なシリーズがあり、それぞれに異なる模様や歴史があります。
大切な人への贈り物なのか自宅で使用する物なのか用途によっても、どのグラスを選ぶべきか迷ってしまいますね。